プロミス親バレならココ!2015年版最新情報ナビはコチラ!!

■プロミスなら親にバレない!

お金を借りたいという学生さんもいるでしょう。
そんな中、心配なのが親にお金を借りたことをバレることです。
プロミスならそんな心配はありません!

多くの学生さんは、お金を借りようとするときに学生ローンを考えるようですが、学生ローンというのは、金利を返せない場合、借りている学生さんの保護者に連絡が入るようになっています。
そのため、学生ローンだからといって親バレないわけではないのです。

一方、一流の金融機関であれば、金利も学生ローンより低いためお得ですし、悩みについてもきちんと対応してくれるので親切です。

金融期間はたくさんありますが、「プロミス」などはどうですか。
プロミスは、三井住友フィナンシャルグループであるため、信頼できる金融機関の一つです。
ただ、ここで不安になるのが「学生でもお金を借りられるのか」ということでしょう。

学生が金融機関でお金を借りようと思うといくつかクリアしなくてはいけない条件があります。
その条件とは、
①20歳以上である
②長期のアルバイト等で安定した収入がある
というこの2つです。
この2つの条件さえクリアできていれば、プロミスでお金を借りることができます。

インターネットから審査の申し込みはできるので、プロミスまで行く必要はありません。
もし、この2つの条件が大丈夫ということであれば、一度プロミスの審査申し込みをしてはどうでしょうか?

■3秒診断できる!

「プロミス」では条件があるものの、それさえ満たしていれば親バレしないでお金を借りることができます。
プロミスはこれまでに何十万人の方の審査をしてきています。
その中には、周りの人にお金を借りていることをしられたくないという方もいるため、学生がお金をかりたいという場合にも親に知られることが内容に配慮してくれます。

たとえば、自宅に電話がかかる場合では、
「私、田中と申しますが、○○様はご在宅でしょうか。」
というように、「プロミス」という言葉は一切出さないのです。
個人から電話がかかってきているようにしてくれるため、親が電話に出たとしても怪しむことはないでしょう。
また、バイト先に電話がかかる場合も同じです。
そのため、親に知られる心配はありません。

特に、バレないお金の借り方としては、WEB完結にすることです。
お金を借りるときには、郵送物や電話が気になると思います。
そんな方は、プロミスのWEB完結を見てみましょう。

WEB完結のメリットは郵送物がないということです。
電話での在籍確認に対しても、申し込みが完了してすぐに相談すると要望に対して、対応してくれる場合もあります。
WEB完結の詳しい情報は、プロミスのホームページでチェックして欲しいと思いますが、カード発行もできます。
ただし、カード発行をするとカードが郵送されてきますから、そのために親に知られてしまうという可能性が高まります。

カードは不要でWEB決済をするのであれば、知られる可能性は低いです。
初めてプロミスでお金を借りるという方は、「アドレス登録」と「WEB明細利用登録」をすることで無利息サービスを受けることができます。
こちらを登録した方がお得にキャッシングできます。

プロミスは、住友フィナンシャルグループであるため、「三井住友銀行」か「ジャパンネット銀行」の口座をすでに持っているという方は、もっと便利になります。
これらの銀行口座を登録することで、「瞬フリ」というサービスを受けることができます。
「瞬フリ」というのは「24時間いつでも最短10秒で口座に振り込みできる!」というサービスです。
名前の通り、一瞬での振り込みをしてくれるのです。
このサービスはプロミスならではですから、今すぐに必要というときにはとても便利なサービスです。

学生さんがプロミスでお金を借りるときに、自宅通学をしていると気をつけなければいけない点があります。
それは、郵送物が自宅に届くということです。

プロミスからの郵送物というのは、ネット申し込みをして銀行振り込みのキャッシングを行ったときにキャッシングカードが送られるということです。
この郵送物の発送元も個人名になっており、封筒を見ただけでは「プロミス」からの郵送物だということは分かりません。
しかし、中を勝手に開封されてしまうとプロミスのキャッシングカードが見られてしまうため、親にバレてしまいます。
郵送物を勝手に開封する親御さんの場合には注意が必要なのです。

プロミスも学生さんのキャッシングが親に知られないように配慮をしてくれますが、封筒の中身まで見られてしまったら、プロミスでもどうしようもありません。
郵送物が親に見られてしまう心配がある場合には、WEB申し込みをした後に、キャッシングカードを郵送で受け取るのではなく、プロミスのお店か自動交付機で受け取るようにしましょう。
プロミスのホームページを見てもらえばわかりやすく説明されていますが、申し込みをWEBで行って、審査が無事通ればキャッシングカードはプロミスの店舗で受け取るような方法の選択も可能です。
自宅通学の学生さんは、自分にあった受け取り方を選択すると良いでしょう。

プロミス親バレならココ!2015年版最新情報ナビはコチラ!!
銀行からお金を借りたいときに、フリーローンとカードローンの違いが判らないと、
どちらで借りるべきか迷うこともあるでしょう。
この二つには明確な違いがあるので、より自分の目的に合い、且つ有利な方を選びましょう。
-カードローンとフリーローンの比較-

カードローンは、借入れの頻度が高い人に向いているローンで、フリーローンは、お金の使い道が決まっていて、
まとまった金額を一度だけ借りたい人に向いています。

カードローンとフリーローンの違いを、比較してみるので、参考にしてください。

カードローンは、追加融資が可能、金利はフリーローンよりも高くなっています。
融資限度額は、500万円・800万円などです。
審査基準は、フリーローンよりも厳しく、審査にかかる時間は早くなっています。
借入金の使用目的は限定されず、借りたお金は自由に使えます。
申し込み方法は、インターネットや自動契約機から申し込むことができます。

フリーローンは、追加融資には再審査が必要です。
金利はカードローンよりも低くなっています。
融資限度額は、300万円・500万円などです。
審査基準は、カードローンよりも甘く、審査時間は遅くなります。
借入金の使用目的は限定されず、借りたお金は自由に使えます。
申し込み方法は、インターネットからか、銀行への来店が必要です。

カードローン・フリーローンの最も大きな違いは、追加融資を希望する場合です。
カードローンは、一度審査に通ってしまえば、借入限度額内なら何度でも、お金を借りることができます。
しかし、フリーローンの場合、借入の度に、再審査、再契約が必要になります。

申込みに関しては、カードローンの場合は、インターネットやローン契約機で申し込み、審査に通過すると、
カードが発行されるので、その日のうちにATMを利用してお金を引き出すことができます。
フリーローンの申し込みは、インターネットか銀行の各店舗で申し込み、審査に通過すると、
指定した銀行口座にお金が振込まれます。
カードローンとは違い、審査に時間が掛るため、申し込みから借入まで、1週間以上かかることもあります。

借入金の使用目的は、どちらのローンも自由ですので、投資や生活費、遊ぶお金は勿論、賭け事に利用しても問題はありません。
但し、事業資金を目的とした借り入れは、禁止している銀行が多いようです。
例外として、大手消費者金融の「アコム」は事業資金としての利用を認めています。

プロミス親バレ
プロミス親バレ
プロミス親バレ
プロミス親バレ

プロミス親バレ
プロミス親バレ
プロミス親バレ
プロミス親バレ
プロミス親バレ

スピード融資ならアコム、プロミスなどの大手信販系 “テレビCMも数多く放映している消費者金融大手のアコムやプロミス。ほとんどの人がご存知でしょう。
大手だけに利用者が非常に多いです。この2社の人気の秘密は、即日融資が可能であること、勤務先への在籍確認なしで審査してもらえること、などがあります。
今すぐお金が必要だけどクレジットカードだと審査に落ちそうだし、すぐには作れないなど、消費者金融のカードローンやキャッシングを利用する理由はその辺りにあるのでしょう。
しかし、消費者金融に契約の申し込みをすると勤務先に在籍確認の電話が入ると、勤務先での信用に関わる場合もあります。この電話を自分で取ることができれば問題ないのですが、なかなか思うようにはいかないものです。 
もちろん金融会社も個人名で電話をかけてくる業者がほとんどです。しかし、電話を受けたひとが消費者金融を利用したことがある人であれば、消費者金融からお金を借りようとしていると知られてしまうかもしれません。
また、電話での在籍確認ができなければ、融資開始までの審査時間が長引く要因にもなってしまいます。何か良い方法は無いでしょうか?
アコムやプロミスなら、このよう不安を解決できます。パソコンやスマートフォンからインターネット上で申し込みができますし、勤務先への在籍確認の電話もありませんので会社の人に気付かれる心配もありません。また、電話確認がない分、審査の進みが早くなるので、数時間後には融資が可能となります。条件が整っていれば、お昼休みに申し込んで、夕方の仕事帰りにローン・キャッシングができてしまいます!
全国の銀行やコンビニのATMとも提携しており、手軽に手数料も無料で利用できるというのも大手ならではの強みでしょう。

キャッシング、業者ごとの特徴 “消費者金融というと、どんなイメージ?闇金業者のような怖い取り立てが連想されるのは過去の話です。パソコンやスマートフォンなどからもカードローン契約の申し込みができるようになり、急に現金が必要なときにクレジットカード感覚で利用する人も多くなってきました。
少し前までは消費者金融の店舗に行かなければ契約できず、無人契約機も店に出入りするのを他のひとに見られる恐れがありました。しかし今では、店舗に出向かなくてもパソコンやスマートフォンなどインターネット環境があれば、ネット上のやり取りと郵送のみで全ての手続きが完了する業者もありますので、より手軽に申し込みができるようになりました。さらに申し込み完了の数時間後には融資可能になる業者まであります。気軽に融資が受けられるので利用者も増えてきました。
金融会社もたくさんあり、どの業者を選ぶか迷いますね。インターネットでは、各業者のメリット・デメリットなどをまとめたランキングサイトや詳細な解説サイトが数多く見受けられます。まずはそちらで自分なりに分析・検討してみるのが良いでしょう。
借り入れ上限額での利息は各社でかなり違いがありますし、審査にかかる時間、融資可能になるタイミング、返済方法なども金融会社によって様々です。
まだ少数ですがプロミスなどのように勤務先への在籍確認なしでも申し込みができる業者なども出現して来ました。会社へ在籍確認の電話をされるのは嫌だというようなかたは検討する価値アリですね。”

プロミス親バレ
プロミス親バレ

多きな支持を受けるプロミスとアコムの理由とは “大手の消費者金融として知られているのがアコムとプロミスです。CMで大々的に宣伝されているので、知らない人はいないほどの認知度の高さを誇っています。この二社ですが、認知度の他に利用者の大きな信頼を得ている会社でもあることをご存知でしょうか?
消費者金融という名前だけで、多くの人は尻込みしてしまうものです。特に勤務先への在籍確認の電話は大きなハードルとして、キャッシングをためらわせる大きな理由でもあります。しかしプロミスとアコムは勤務先への電話確認以外の在籍確認を取ってくれるので、周囲の人間にキャッシングをしている事実がばれにくく、安心して契約を申し込むことができます。
クレジット会社と消費者金融の違いは、審査の通りやすさや即日の借り入れなどの利便性の高さがにあるかもしれません。まとまったお金が急に必要になるというトラブルは、よくあることです。そんなアクシデントにすぐに対応してくれるのが、大手の消費者金融であるプロミスとアコム。クレジット会社なら審査までに平均で2週間かかるものですが、その点こちらの二社なら、契約からすぐに借り入れを申し込むことができます。
便利なことにネットから申し込みができるので、スマートフォンやパソコンから契約することができ手軽。さらに驚くことに数時間後にはキャッシングが利用できるので、その日のうちに利用することが可能な点葉お急ぎの方にもってこいと言えるでしょう。また全国各地コンビニのATMや銀行と提携しているので、手数料も無料でお得。
これら幾つもの利点によって、多くの利用者に支持をされているのがプロミスとアコムなのです。急に大きな金額が必要になった場合、選択肢の一つに入れておくのもいいかもしれません。”
最近の消費者金融事情とは “消費者金融は、闇金と変わらない強引な取立てがされるのではないかという不安を抱く人が大勢います。過去には確かに違法なほどの利息を強いた消費者金融が存在したのも事実です。法律で規制され、以前のような高い利息での借り入れをするリスクもなくなりました。
さらに最近ではネットから契約を申し込めるようになったり、大手銀行と提携する消費者金融が増えることで安心性も高まり、消費者金融を利用することで不安も払拭されてきています。
信用性やクリーンなイメージが従来よりも高まりつつある消費者金融ですが、そうはいってもキャッシングをしているのを誰にも知られたくないと言うのが利用者の心理でもあります。大手の消費者金融ならパソコンやスマートフォンから用意に契約を結ぶことができるうえ、必要な書類もネットを介して行えるので便利です。必要なものは郵送で送られくるので、店舗に行かなくてもいいという手軽さや、申し込み後すぐにキャッシングが可能な消費者金融まであり、急な借り入れにさえ対応できる点が利用者を増やしている根拠と言えるでしょう。
消費者金融を利用する場合は、各会社の詳細な比較をしているサイトがあるので、その情報を元に自分にあった金融会社を選ぶことが大切になってきます。プロミスなどのように勤務先への電話での在籍確認が必要ないところもあれば、収入が低くても契約してくれる会社、契約からキャッシングされるまでの時間など、いろいろあります。
キャッシングをするうえで何が重要なのか、自分の要望をしっかりと把握してニーズにあった消費者金融を選ぶと満足の高い借り入れができるはずです。

サブコンテンツ

カテゴリー

このページの先頭へ